中京銀行の手数料を比べてみる

中京銀行の手数料と他銀行の手数料を比べてみました。まず、中京銀行の振込手数料ですが窓口の利用の場合、同一店内宛は3万円以上432円、3万円未満216円です。他行宛ですと3万円以上864円、3万円未満648円となっています。ATMを利用した現金扱いの振込の場合は、同一店内宛は3万円以上324円、3万円未満は108円となっています。他行宛は、3万円以上648円、3万円未満は432円です。窓口での取り扱いはやはり高い手数料となっています。ATMでも、キャッシュカードから振り込めばさらに手数料はお得になりますので、振込はATMでの利用をおすすめします。

ダイレクトねっとからの振込は、他行宛の振り込みがさらにお得になります。3万円以上で324円、3万円未満は216円で利用できます。振込回数が多い人はぜひ、ダイレクトねっとからの振込を利用しましょう。中京銀行の振込手数料だけを見るとダイレクトねっとを利用すれば安いのでは?と思ってしまいがちですが、他行ではもっと安くてお得なところもあります。新生銀行は、月1回までは振込手数料が無料で、ATMでの現金引出も手数料がかかりません。すべての提携ATMで時間外手数料も発生しないので、コンビニATMなどでも利用しやすいですね。

住信SBIネット銀行は、条件なしで月3回まで振込手数料が無料です。3回以降は1件につき154円がかかります。ATMでの現金引出は、セブン銀行は無料、提携ATMでは月5回までは無料です。これだけ無料回数があれば、1か月手数料がかからない利用ができる人も多いかもしれません。ゆうちょ銀行は、ゆうちょダイレクトを利用すると月5回までは振込手数料無料です。どの銀行も、回数限定ですが手数料を無料にしている所が多いようです。地方銀行の中京銀行では、完全手数料無料は難しいのでしょうか?

中京銀行のATM引出手数料は、8時から18時までは無料、18時から21時までは108円がかかり、土、日、祝は終日108円がかかります。提携ATMでは、三菱東京UFJ銀行、十六銀行、愛知銀行、名古屋銀行、百五銀行は一部時間帯が108円かかり、朝から夕方までは無料で利用できます。イオン銀行では、ほとんどの時間帯が無料で、18時から21時までは108円がかかります。不便なのは、提携ATMでは土、日、祝が9時から17時までの利用のみで手数料もかかります。コンビニATMでの利用もしにくく、使いやすいとは言いにくいかもしれません。