中京銀行のカードローンは使えるか?

中京銀行のカードローンは使いやすいのでしょうか。同じく地方銀行の第三銀行と人気の高いジャパンネット銀行と比較してみました。中京銀行のカードローン「C−style」は、使い道自由のローンで10万円から利用する事ができるので、急な出費にも安心です。担保や保証人も不要ですし、本人確認書類と年収確認書類の用意だけで申し込みをする事ができます。金利は、10万円以上100万円以下は年14.5%、100万円超200万円以下は年12.0%となっています。融資限度額は500万円以内で、利用限度額に応じて金利が変わります。

返済は、返済用預金口座から自動引き落としされるので便利です。10万円以下の借入残高ですと返済額は毎月2千円で、ATMでの任意返済も可能です。普通預金口座をすでに持っていれば来店は不要で申し込みができるのは便利ですね。

第三銀行のカードローン「SUN」は、融資額10万円以上500万円以内で使い道自由なローンです。インターネットですぐに申し込みもでき、お急ぎの方には即日振込も可能なスピーディーなローンです。金利は、10万円から90万円までが年14.5%、100万円から190万円までが年12.8%となっており、利用限度額に応じて金利が変わります。返済は、こちらも自動で引き落としされ、20万円以下の借入ですと毎月5千円です。返済額が細かい設定なので、この点は中京銀行の方が使いやすいとも言えそうですね。ATMの時間外手数料が無料になる特典がある事はポイントです。対象ATMが第三銀行とセブン銀行のATMのみですが、中京銀行にはないサービスです。

ジャパンネット銀行には「ネットキャッシング」があります。金利は100万円未満の限度額で年18.0%と高めです。10万円以下の借入残高ですと毎月3千円の返済になります。申し込みがネット上で完結するところは便利で、簡単スピーディーです。ローンに限定すれば、中京銀行や第三銀行の方が低金利で使いやすそうですね。全ての面でネットバンクが勝っているとは限りませんね。ローンを利用する時には、申し込みが簡単か、金利が高すぎないか、返済しやすいかなどよく確認してから申し込みましょう。